トップ < 静岡県中部未来懇話会について < 事業計画・事業報告

事業計画・事業報告書

■平成30年度 事業計画

機ゾ霾鵑僚言僂板敢此ΩΦ罅θ信事業

(1)情報の集積と調査・研究・発信事業

    平成30年度は「スポーツの祭典を活かした地域経済の活性化―持続可能な観光戦略をめざして」をテーマに静岡県中部地域の活性化に向け以下の内容についてシンポジウムなど調査・研究事業を行う。

     2019年のラグビーワールドカップ、20年の東京五輪・パラリンピックに多くの訪日客を迎え、様々な経済効果が見込まれる。観光を軸とした世界的なスポーツ祭典を活かした観光の素地づくりが急務である。
      スポーツ祭典を通じた観光戦略が、一過性のものではなく持続可能なモデルに高めていく方策とともに、中部地域における産官学のマルチパートナーシップによるプラットフォーム構築に向けて具体策を探る。

(2)調査、研究成果や地域情報の発信、提言活動事業
    集積した情報や策定した地域構想等を以下のように広く発信する。
    .轡鵐櫂献Ε狹を開催し、会員以外の一般県民にも情報発信するとともに意見交換の場とする。
    ⊆らの情報誌やホームページ等を通じ、調査・研究成果や地域情報発信を行う。
    新聞やテレビ、ラジオを通じて一般県民への情報提供を行う。
    っ翩地域経営会議の運営

(3)全県にかかわる課題や振興策に関する活動
    東部、西部地域の同種組織と連携し、調査・研究活動を行うとともに、情報発信する。地域問題に関する専門家、シンクタンクや大学の研究者、地域づくり団体のリーダー等によるネットワークを組織し、調査・研究活動に厚みを持たせる。

供ゲ餔に対する情報提供事業

以下の機会、メディアを通じ、会員に対し有用な情報を提供し、各会員の組織活動に寄与する。

(1)シンポジウム、講演会・セミナー等の開催
    中部地域の課題をテーマにしたシンポジウム、政治、経済、国際問題をテーマにした時局講演会、企業経営をテーマにした経営セミナーを開催し、会員それぞれの団体・地域活動を支援する。
  • …敢此ΩΦ罐董璽泙鳳茲辰織轡鵐櫂献Ε爐粒催 年2回程度
  • ∪治、経済、国際の時局講演会の開催 年2回程度
  • しずおか経営戦略セミナーの開催 年10回
(2)情報誌の発行
    会の活動、地域課題、国内外情勢等の情報を盛り込んだ情報誌「中部未来」を月刊で発行する。
(3)ラジオ番組企画
    会員等が出演するラジオ番組「ラジオフォーラム・しずおかマイトーク」を企画し、制作、放送する。
(4)視察会の開催
    地域課題、経営課題等をテーマにした視察研修会を開催する。

掘ゲ餔相互の交流、親睦の促進事業

会員交流会を開催し、会員同士の親睦を図るとともに、情報交換を促進する。

(1)会員親睦交流会の開催(臨時社員総会後)


■平成29年度 事業報告

機ダ策提言活動

(1)シンポジウム
    以下のようなシンポジウムを開催した。
      第 1 回 第 2 回
    実施日 平成29年6月12日 平成29年10月20日
    会場 ホテルアソシア静岡 ホテルアソシア静岡
    テーマ 女性活躍推進と企業経営 ダイバーシティ経営の可能性
    基調
    講演

    .「企業戦略としての女性活躍推進を考える」

    大沢 真知子氏

    (日本女子大学人間社会学部現代社会学科教授)

    「第4次産業革命が進む中、なぜダイバーシティか」

    石倉 洋子氏

    (一橋大学名誉教授)

    パネリスト





    ▽平光 敬和氏(静岡トヨペット社長)
    ▽笹原 恵氏 (静岡大学大学院情報学研究科教授)
    ▽山梨 裕一郎氏 (山梨罐詰社長)

    ▽鈴木 厚志氏(京丸園代表取締役)
    ▽大川原 綾乃氏(大川原製作所営業本部副本部長)
    ▽石倉 洋子氏 (一橋大学名誉教授)
    コーディネーター 鳥羽山 直樹氏 (清水地域経済研究センター社長) 日詰 一幸氏 (静岡大学人文社会科学部学部長)
                            

    ※肩書等はいずれも当時
                            

                            
(2)政策提言の実行

  

中部地域経営会議について

 

静岡県中部未来懇話会が政策提言して設立された「中部地域経営会議」は平成24年4月にスタートし、6年になる。

平成29年4月5日に開かれた中部地域経営会議第6回総会には8市町の首長(静岡市副市長、島田市長、焼津副市長、藤枝市副市長、牧之原市長、御前崎市長、吉田町長、川根本町長)と県中部支援局長、経済界から静岡、焼津、藤枝、島田の各商議所会頭、有識者として静岡大、県立大、静岡産業大の学長ら合わせ16人が参加した。

総会では、平成27年度にまとめた提言書「中部地域の創生ビジョン〜女性の活躍編〜」の具体化に向け、総会の席上「中部地域女性活躍推進宣言」を行い、今後、自治体、商議所、大学等が協力、連携して取り組み実行していくことを決めた。

本年度の研究テーマとして総会に出された「健康経営の推進」、「企業の人材確保」「圏域内外への地域の魅力発信」「中部地域のブランディングについて」の中からテーマが絞れず、プロジェクトチーム(PT)会議で検討することになった。

5月、7月に開催したPT会議で、研究テーマを「健康経営」に決め、その後のPT会議では、ワーキンググループ(WG)を作って提言書をまとめることになった。WGメンバーに田畑和彦静岡産業大学教授を座長に、竹田昭男・しずてつストア社長、斉藤康博・静岡商議所総務部長、土屋厚子・県健康福祉部理事、仙島秀雄・藤枝市健康福祉部健やか推進局長を選んだ。11月、12月、平成30年1月、2月、3月の計6回のWG会合を開き、3月中旬までに提言書「『健康経営』戦略〜導入の意義とその具体的運用〜」にまとめ、3月23日開催のPT会議に報告、承認された。

中部地域経営会議は1年目の「広域観光の推進」を研究テーマに検討した結果、提言書(最終報告書)「『みちの国・駿河』構想―静岡県中部地区における広域観光の在り方」をまとめた。3年目の26年度は地域経済の活性化策として「中部地域の創生ビジョン〜起業・創業編〜」をまとめた。27年度は「中部地域の創生ビジョン〜女性の活躍編〜」を提示、28年度は総会で「中部地域女性活躍推進宣言」を行った。

供ダ瀘50周年記念講演会(時局講演会)

以下のような記念講演会(時局講演会)を実施した。

実施日
会場
演題・講師

平成30年

3月6日

ホテルセンチュリー静岡

「激動の世界 日本が進むべき道」

ケント・ギルバート氏(米国カリフォルニア州弁護士、タレント)

※肩書はいずれも当時


掘ザ催事業

以下のような共催事業を実施した。

実施日
会場
演題・講師

平成29年

9月12日

グランディエールブケトーカイ

デジタルソリューションセミナー静岡(静岡新聞社・静岡放送、日本経済新聞社主催)

「激動の世紀をどう生き抜くか〜東アジア情勢と日米同盟〜」

手嶋 龍一氏(外交ジャーナリスト、作家、静岡新聞客員論説委員)

「マーケティング戦略を強化するデジタル情報武装」

藤田 康人氏(インテグレート代表取締役CEO)

※肩書はいずれも当時

 

検ゲ餔親睦交流会

平成30年3月6日、ホテルセンチュリー静岡で臨時社員総会、設立50周年記念講演会に引き続き開催した。

 

后イ靴困か経営戦略セミナー


  ◇第33期 テーマ「新価値創造〜多様化社会を生きる〜」

       会場 ホテルアソシア静岡

  開催日 演題、講師
第8回

平成29年

4月20日

「生き続ける企業を目指して」
鈴鹿 可奈子氏(聖護院八ッ橋総本店専務取締役)
第9回
5月23日
「転換期の世界経済と日本」
伊藤 さゆり氏(ニッセイ基礎研究所上席研究員)
第10回
6月5日
「21世紀の世界は―心と倫理の時代」
丹羽 宇一郎氏(前伊藤忠商事取締役会長)


   ◇第34期 テーマ「ダイバーシティ経営〜激動の世界を乗り切る〜」
           会場 ホテルアソシア静岡

  開催日 演題、講師
第1回
9月14日
「インターネット社会のいまとこれから」
鈴木 幸一氏(インターネットイニシアティブ代表取締役会長兼CEO)
第2回
10月11日
「会社を強くする経営戦略の作り方とは?」
分林 保弘氏(日本M&Aセンター代表取締役会長)
第3回
11月7日
「訪日外国人対応で地域活性化」
新津 研一氏(一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会専務理事)
第4回
12月20日
「逆境に負けないチャレンジ精神〜マグロ大王の挑戦人生〜」
木村 清氏(喜代村代表取締役社長)
第5回

平成30年

 1月22日

「多様性を活かす経営〜グローバルから女性活躍まで〜」
太田 めぐみ氏(アシックス執行役員 CSR統括部統括部長兼ダイバーシティ&インクルージョン推進リーダー)
第6回
2月22日
「伝えること。始めること。」
高津 克幸氏(にんべん代表取締役社長)
第7回
3月7日
「多様な人財によるダイバーシティ経営」
近藤 宣之氏(日本レーザー代表取締役会長)

※肩書はいずれも当時

 

此ソ佝濃業

◇月刊情報誌「中部未来」(毎月25日発行)
    ▽発行実績 平成29年4月(No.85)から平成30年3月(No.96)を発行
    ▽発行部数 毎月500部(全会員配布、公共機関への寄贈等)
    ▽掲載内容 
       ・静岡県中部未来懇話会の事業(総会、シンポジウム、時局講演会、しずおか経営戦略セミナー等)の詳報
       ・研究部会研究委員のリポート
       ・会員をゲストに迎えたSBSラジオ番組の再録
       ・国内外の政治、経済のニュース解説、コラム等

察ゾ霾麒顕愁札鵐拭嫉業

(1)企画コンサルタント(講師の派遣)

実施日 派遣講師/演題 依頼団体 会場

平成29年

4月15日

田中 真紀子氏(元衆議院議員、元外務大臣、元文部科学大臣)

「父を語る―娘から見た人間・角栄」

静岡新聞社SBS学苑(パルシェ校特別講座) ホテルセンチュリー静岡(静岡市)

6月14日

藤崎 一郎氏(前駐米特命全権大使、日米協会会長)
「トランプ時代の国際情勢〜これからの日本・米国・世界を読む〜」
静岡県広告協会(総会記念講演会) ホテルアソシア静岡(静岡市)

7月26日

倉田 真由美氏(漫画家)
「くらたま流〜スッキリ生きる方法」
大黒会(静岡・菓子問屋、総会記念講演会)

焼津グランドホテル(焼津市)

 10月1日

舞の海秀平氏(相撲解説者)

「舞の海秀平が語るテレビでは言えない大相撲」

静岡新聞社SBS学苑(パルシェ校特別講座) 静岡商工会議所会館(静岡市)

※肩書はいずれも当時

 

(2) SBSラジオフォーラム「しずおかマイトーク」

静岡放送と連携し、静岡県中部未来懇話会会員を中心にゲスト出演してもらうインタビュー番組「ラジオフォーラム・しずおかマイトーク」を毎週日曜日午後6時15分から15分間放送。番組内容は会報「中部未来」でも紹介。

(3) インタビュー記事「10年後への提言」の新聞掲載

静岡新聞と連携し、静岡県中部未来懇話会会員のインタビュー記事を月1回、朝刊に掲載。

(4) しずおか経営戦略セミナーの講演録(要旨)の配付

しずおか経営戦略セミナー会員を対象に毎回郵送。

次ゥぅ鵐拭璽優奪函Ε曄璽爛據璽犬粒萢

\轍県中部未来懇話会事業の公表

定款、役員名簿、事業計画、事業報告、予算・決算報告等の法人情報を開示

A躄顱講演会の予告、聴講者募集等の情報発信


静岡県中部未来懇話会
について

静岡新聞データベース+日経テレコン