トップ < しずおか経営戦略セミナー

しずおか経営戦略セミナー

.

しずおか経営戦略セミナー(第35期)


AI(人工知能)、IoTが創り出す新時代


「しずおか経営戦略セミナー(第35期)」(静岡新聞社・静岡放送、一般社団法人静岡県中部未来懇話会主催)は、2018年9月から19年6月まで10回の連続講座となります。
今期のテーマは「AI(人工知能)、IoTが創り出す新時代」とし、多彩な講師陣が論じます。ぜひとも企業、組織等の経営戦略にお役立て下さい。

受講料 1名 54,000円(参加申し込み受付後、請求書をお送りいたします)

※代理出席が可能です

お問合せは 静岡県中部未来懇話会(電話054-260-5889)へ



<日程、講師、演題は以下の通り。会場はいずれもホテルアソシア静岡3階駿府の間です>

第1回 「AI vs.教科書が読めない子どもたち」

2018年9月11日(火)午後1時30分〜3時
国立情報学研究所社会共有知研究センター センター長・教授、
一般社団法人教育のための科学研究所代表理事・所長
新井 紀子氏

東京都出身。一橋大学法学部およびイリノイ大学数学科卒業、イリノイ大学5年一貫制大学院を経て、東京工業大学より博士(理学)を取得。専門は数理論理学。2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクターを務める。16年より読解力を診断する「リーディングスキルテスト」の研究開発を主導。最新刊「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」(東洋経済新報社)がベストセラーに。

第2回 「前進する中国〜イノベーション進化の実態」

10月22日(月) 午後1時30分〜3時
清華大学・野村総研中国研究センター理事・副センター長  

川嶋 一郎氏

1964年静岡市清水区出身。早稲田大学卒、台湾淡江大学法学修士。1992年野村総合研究所入社。同社台北支店長、野村綜研(上海)咨詢有限公司社長などを経て、2018年4月より現職。編著に『2020年の中国 −「新常態」がもたらす変化と事業機会』(2016年、東洋経済新報社)。

第3回 「The Digital Possible

11月6日(火) 午後1時30分〜3時
BTジャパン(株)前会長  
吉田 晴乃 氏

慶応義塾大学卒業。4カ国5社のICT企業に従事し、現在、BTジャパン株式会社代表取締役社長。15年6月、日本経済団体連合会審議員会副議長に初の女性として就任。16年9月から、規制改革推進会議委員を務める。働く女性の地位向上活動や旗振り役としてテクノロジーを使った生産性向上を提唱、グローバルな視点やワーキングマザーとしての経験から、新しいロールモデルとして注目されている。17年、フォーチュン誌によるWorld's Greatest Leaders50の一人に日本人としてただ一人選出された。

第4回 「ブランド化で世界へ〜TGC、アマダナから見えるデジタル時代の地域経営」

12月10日(月) 午後1時30分〜3時
ディー・エル・イー代表取締役  椎木 隆太 氏 

1966年静岡県磐田市生まれ。91年慶応義塾大学卒業後ソニー入社。海外駐在等を経て01年DLEを創業し代表取締役就任。16年4月東証一部上場。主力コンテンツは「秘密結社 鷹の爪」「パンパカパンツ」「貝社員」「東京ガールズコレクション」。18年amadanaと資本業務提携、CGO(チーフ・グロー・オフィサー)に就任。

第5回 「人工知能はわれわれの生活とビジネスをどう変えるか」

2019年1月25日(金)
公立はこだて未来大学システム情報科学部複雑系知能学科教授  

松原 仁 氏

1959年東京生まれ。81年東京大学理学部情報科学科卒業。86年同大学大学院工学系研究科情報工学専攻博士課程修了。工学博士。同年通産省工業技術院電子技術総合研究所(現産業技術総合研究所)入所。2000年から公立はこだて未来大学教授。16年公立はこだて未来大学副理事長。人工知能、ゲーム情報学、観光情報学などに興味を持つ。著書に「コンピューター将棋の進歩」「鉄腕アトムは実現できるか?」「先を読む頭脳」など多数。前人工知能学会会長、情報処理学会理事、観光情報学会理事。

第6回 「グローバルリスクの新潮流〜先進技術がもたらす光と影〜」

2月21日(木) 午後1時30分〜3時
マーシュブローカージャッパン(株)代表取締役会長

平賀 暁 氏

1958年神奈川県横浜市生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業、サンダーバード・スクール・オブ・グローバル・マネジメントにてMBA(経営修士)取得。第一勧業銀行を経て現マーシュジャパン入社。2013年より現職。外資・日系企業に対しリスク・ファイナンスの手法を用いたコンサルティングサービスを提供。08年より世界経済フォーラム発行「グローバルリスク報告書」日本語版監訳。13年より日本保険仲立人協会理事長。 17年より経済同友会、内閣府防災経済コンソーシアム設立準備委員会に参加。

 

第7回 「AI、IoT 2019年春 最新事情(仮)」

3月12日(火) 午後1時30分〜3時
富士通(株)常務理事首席エバンジェリスト

中山 五輪男 氏

1964年長野県伊那市生まれ。法政大学工学部電気工学科卒業。複数の外資系ITベンダーさらにはソフトバンク社を経て、現在は富士通の常務理事および首席エバンジェリストとして幅広く活動中。AI、クラウド、IoT、スマートデバイス、ロボットの5分野を得意分野として年間300回全国各地で講演活動を通じてビジネスユーザーへの訴求活動を実践している。様々な書籍の執筆活動や複数のTV番組出演での訴求など、エバンジェリストとして活動しつつ、国内30以上の大学での特別講師も務めている。

第8回 「産業用ロボットの将来と企業経営(仮)」

4月11日(木) 午後1時30分〜3時
(株)アイエイアイ代表取締役社長  石田 徹 氏

県立清水東高卒業後、山梨大学工学部へ進学・卒業。東京の一般企業を経て、76年に父親とともにアイエイアイの前身である清水機電株式会社を設立。86年IA(直交座標型産業用ロボット)を開発し現在の礎を築く。89年に単独渡米。LAでの販社設立を皮切りに、現在までにドイツ、中国、タイ等に販社を設立し積極的に海外市場に進出。92年社名をアイエイアイに変更。翌93年に代表取締役就任。単軸・直交型ロボットの分野では国内トップシェアの57%超(2017年度実績)ながらも、2017年4月には新製品エレシリンダーを発売し、更なる市場拡大を狙う。

 

第9回 「セブン銀行が取り組む新たな挑戦
〜新規事業への取り組み、AI活用による業務高度化への取組について〜」

5月14日(火) 午後1時30分〜3時
(株)セブン銀行専務執行役員  松橋 正明 氏

セブン銀行のサービス/システム企画・開発・運営をデザインするIT&ビジネスアーキテクト。ATM事業の推進者として、IT技術を駆使し、従来のATMをデジタルトランスフォーメーション、現在のコンビニATMの事業モデルを確立。現在は新規事業探索のセブン・ラボを率い、スタートアップ企業とのオープンイノベーションや産学連携による新規事業創出に挑戦。流通グループに相応しい新しいスタイルの銀行サービスの創造を目指し全社イノベーションを推進。

 

第10回 「人間の創造性を拡張するマイクロソフトのAIテクノロジー」

6月13日(木) 午後1時30分〜3時
日本マイクロソフト(株)執行役員最高技術責任者 

榊原 彰 氏

1986年日本アイ・ビー・エムに入社。金融機関を中心に他業種・多数の企業のITシステム開発プロジェクトにITアーキテクトとして参画。2005年に全世界のIBMの技術職の最高位であるディスティングイッシュト・エンジニアに任命された後、06年より同社東京基礎研究所にてソフトウェア工学の研究に従事した後、同社グローバル・ビジネス・サービス事業CTO、スマーター・シティ事業CTOを歴任。16年日本マイクロソフト執行役員CTO、18年より現職。IEEE Computer Society, ACM,情報処理学会、プロジェクトマネジメント学会正会員。

 

しずおか経営戦略セミナー

静岡新聞データベース+日経テレコン